デイリーきみお

びっくりした?ぜんぜんデイリーじゃないから

ヒトカラの邪魔をするな

一人でカラオケに行く、いわゆる『ヒトカラ』は一人遊びの定番になりつつあると思う。
ただ、未だに「ヒトカラ?一人でカラオケとか寂しくないのwww」みたいな奴もいる。
一緒に行ってあげようかとお節介を焼いてくる人もいる。

ちゃうねん

ヒトカラ』と『カラオケ』は別物なんやって。
(ここで言う『カラオケ』は、複数人でのカラオケを指している。)

『カラオケ』は突き詰めると接待でしょ。
周りの空気に合わせて、歌いたくもない歌を歌い、聞きたくもない歌を聞いて、満足したフリして文句言わず金を払うの。
皆そういう曲を入れるのか、そしたらこのあたりの曲でも入れとくか、って、無難な、皆が知ってる、でも好きでもない曲を入れて、順番を消費していく。
こちとら中学時代からMステもうたばんも見とらんのじゃ。音楽番組知らんのじゃ。皆が知ってる流行りの曲なんか知らんっつーの。だから知ってる曲を思いついた順に入れてんの。他のこと考える余裕なんてないの。

楽しめるカラオケなんて、よっぽど気心知れた間柄でないとできない。

それに対して『ヒトカラ』は、すべてが自分の思い通り。機種もミュージック音量、エコー量、マイク音量も、曲も、なにもかも。

皆がどうかは知らないけど、私はヒトカラの時は、カラオケの時間と喉への負担を考えて入れる曲の順番とか全部決まってるの。

声を出していく準備の曲、喉の調子が出てきたところで思いっきり歌う曲、退室に向けて締めていく曲。

これら全部やりとげて、『ヒトカラ』を達成した気持ちよさを味わうの。ストレス解消になるの。

なのにお前、ストレス解消のためにカラオケ行こうと思ったら、急にどうでも良い奴が一緒に行くとか言い出して、接待カラオケに変えられてみろよ。余計ストレスたまるわ。

とか言ってるのは、全部「じゃあ一緒に行こっか〜」と笑顔で返す以外のことができない。チキンだからね。

断ることはできない小心者は、またヒトカラで鬱憤を晴らしに行くのである。